お知らせ

第8回県央地区嚥下まつり
~屋台で学ぶ摂食嚥下障害~での講演

 昨年に引き続き、今年も県央地区嚥下まつりへ世話人として参加して来ました。今回は、口腔内残薬の話を中心に、散剤の不溶性を見学したり、口腔内乾燥状態でOD錠(プラセボ)を服薬体験したり、口腔内で薬の配合変化が起きるとどうなるか?などを模擬実験で見せたりして、少しでも現場で活かせる知識を参加者に学んでもらいました。あっという間の25分ワークショップ×5グループでしたが、今年は東名厚木病院薬剤科の徳原先生、工藤先生、協和化学工業の方にもご協力頂き、充実した研修会に仕上げる事が出来ました。大変感謝しております。

イメージをクリックすると拡大されたものが別ウインドウで表示されます。

ページトップへ